あなたをもっと魅力的に魅せるウェディングムービー

ROYAL MEMORIA

ROYAL MEMORIA

【比較】DVDとBlu-ray、最適なのはどっち?

2019.06.19 TIPS

【比較】DVDとBlu-ray、最適なのはどっち?

DVDとブルーレイはどこが違う?

結婚式で映像を流すにあたって、まず気になるのはDVDとブルーレイの違いですよね。
なんとなく、映像がキレイ、というイメージはあるかもしれませんが、ほかにもどんな違いがあるのか一つずつ説明していきます。

価格が安いのはDVD

ブルーレイと聞くと、DVDな比べて高価なイメージがあるかもしれません。確かに、ブルーレイはDVDよりも高いです。

しかしその価格はおよそ1,000円程であることがほとんどで、そんなに大きな価格差というものはありません。映像会社によっては価格が全く同じなどという場合もあります。一見高そうに見えますが、少しブルーレイの方が高い、くらいの認識で大丈夫です。

画素数が高いのはブルーレイ

DVDとブルーレイの違いの大きなポイントは画素数にあります。

・DVDの場合720×480
・ブルーレイの場合1920×1080
・地上デジタル放送の場合1440×1080

フルハイビジョンの映像を、DVDに焼くと画質が落ちるのは、この画素数が関係してるからなんです。
つまり、細部まで綺麗な映像を残したいのなら断然ブルーレイがオススメというわけです。また、ブルーレイは容量も大きく、DVDの倍以上の容量があります。

DVDの場合は片面一層4.7GB、片面二層で8.5GBなのに対して、ブルーレイは片面一層で25GB、片面二層で50GBもあります。
ブルーレイはDVDに比べて多くの情報を取り入れることが出来る分、画質や音声がキレイに残るというわけです。

式場はブルーレイNG!?

結婚式場のなかには、実はブルーレイが流せない会場も存在します。
そのため、いざブルーレイを用意しても会場で流すことが出来ない場合もあるのです。

結婚式で映像を流したい場合には、予めDVDでもブルーレイでも持ち込みが可能かどうか確認しておくとスムーズに準備を進められます。

DVDとブルーレイ、それぞれの良さとは

ここまでDVDとブルーレイの違いについて紹介してきましたが、それぞれのメリット・デメリットについても紹介していきます。

DVDのメリット

DVDは価格が安く、扱いやすいのが特徴です。
だいたいの結婚式場で取り扱いが出来るため、いざ持ち込んで流すことができない!というようなトラブルに見舞われる心配もありません。

DVDのデメリット

画質が粗いため、結婚式場のような大きなスクリーンで映像を流す場合、引き延ばされて余計に粗くみえます。

ブルーレイのメリット

・映像や音声がクリア。
・大きなスクリーンでも見ごたえある映像を流すことができます。
・一生に一度の結婚式で、思い出に残るムービーを焼き増しした場合などにもキレイに残すことができます。

ブルーレイのデメリット

価格がやや高い、会場によっては取り扱いできない。

結婚式場によっては取り扱いがない場合や価格が高く設定されていることもあるため、そういった場合にはオススメできません。

結論:結婚式ムービーはブルーレイがオススメ!

大きなスクリーンでクリアな映像、音声が流せるだけではなく、焼き増しして家族に渡したり、数年後に見返す場合にはやはりブルーレイがオススメです。10年後でも当時のままの綺麗なものを残せるのはブルーレイならでわです。

ROYAL MEMORIAがブルーレイをオススメする理由

ROYAL MEMORIAでは、結婚式ムービーはブルーレイをオススメしています。

価格がDVDと変わらない

本来であれば、ブルーレイの方がやや価格が高くなってしまうところですが、初期費用に組み込むことで、DVDのプランとの価格差をなくしております。そのため綺麗な映像を比較的安く、ブルーレイとして残すことができるのです。

ブルーレイはプレゼントにも最適

結婚式で使用したあとのブルーレイディスクは、保存用だけではなく、焼き増しして親族へのプレゼントとしても活躍します。また、ムービーに登場したご友人などへのプレゼントとしても最適です。

数年後・十数年後でも綺麗な仕上がり

ブルーレイであれば、時代が変わってもクリアな映像と音声を楽しむことが出来ます。人生で一番綺麗な瞬間を、そのままの状態で保存したくはありませんか?ROYAL MEMORIAのプランでは、十数年後まで、結婚式の一ページをそのまま保存することができます。

一生に一度の結婚式ムービー、悔いのないように準備を進めてくださいね。

関連記事